リフォームをする前にチェックしておきたいこと!

すべて任せっきりではダメ×

「リフォームについて何も知識がないから、すべて業者に任せよう!」と思っている人はいませんか?リフォーム前にしっかり確認せず施工を開始すると「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまうかも。トラブルを未然に回避するためにも、これから紹介する情報を頭に叩き込んでおきましょう。

リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォーム

基本的に、壊れていたり、劣化している部分を直したり新しくしたりすることを指します。マイナス状態のものをプラスの状態に戻すための機能回復という意味として使われることが非常に多いそうです。例えば、外壁の塗装直しや、壁紙の張り替え、キッチン設備の変更などがリフォームに該当すると言われています。

リノベーション

リノベーションとは、既存の建物に大きな工事を行なって、性能を新築のときよりも向上させたり、価値を高めたりするそうです。住環境を今風なスタイルに合わせて間取りや外装、内装を変更出来ますよ!例えば、耐震性・耐久性を向上させるために壁の補修をしたりするのもリノベーションに該当するそうです。

リフォームをする前にチェックしておきたいこと!

工期や引き渡し日

引き渡し日が予定されていた工期より遅くなってしまうと、仮住まいの家賃も増えることになります。つまり、費用が予定よりも掛かってしまうのです!そのため、着工と完成日、リフォーム業者の都合で施工期間が延ばされた場合の費用負担額についても調べておきましょう。

費用はいくら掛かるか

・契約書に載っている費用は当初の見積書と一致するか、あるいは大きく変わっていないか
・支払い額、支払い方法などが前もって話し合った内容と合っているか
を確認しておくべきだと言えます。見積もり書で掲示された金額や話し合った内容がかなり異なる場合、何故なのか直接スタッフに聞いてみると良いかもしれません。

どんなデザインにするか

三田や横浜でリフォームを終えた後に、思っていたイメージと違うということにならないよう、希望しているリフォーム内容と合っているのかも見ておきましょう。事前段階の打ち合わせで、画像やイラストを使って「どんな外装・内装にしたいのか」を具体的にリフォーム業者へ伝えておくこともリフォームを成功させるポイントになります。

何事も前もって確認を!

リフォームの前にして欲しいことを紹介していきましたが、いかがでしたか?工期や引き渡し日、費用はいくら掛かるのか、どんなデザインにするかなど前もって決めておくとスムーズに取引をすることが出来ますよ。

広告募集中